HOBBY

ポケモンGO 聖地と呼ばれた名古屋・鶴舞公園は実際どうだったのか調べてみた!

名古屋市 鶴舞公園がポケモンGOの聖地だというので・・

ポケモンGOがサービス開始された直後ぐらいだったかに、名古屋市の鶴舞公園にミュウツーが現れた!なんて噂が広まったもんだから、そこの1万人くらいの人が集まって、結局デマでした!みたいな話があったけど、それでもいまだに鶴舞公園はポケモンGOのトレーナーが多いんだって。そりゃ色々楽しめそうですね!とばかりに、実際どんなものか見に行ってみたぞ!

名古屋市、地下鉄鶴舞線鶴舞駅4番出口すぐ、鶴舞公園。「つるまい」駅の「つるま」公園。ややこしいわ!

地元民はもうどっちでもええわーって印象で、つるまい公園じゃないんだぞ!つるま公園なんだぞ!って言ってると逆によその人なんやなーって思われるとか。

つるみゃーが免罪符、って2chのポケモンGO板の名古屋スレで見たけど、うまいとこ突いてる気がする。

 

鶴舞公園 ポケモンGO

IMG_1786_R

鶴舞公園がポケモンGOの聖地と呼ばれる所以が、この噴水塔らしい。

この周辺を真上から見ると、モンスターボールの形に見える、って話。

IMG_1793_R

なるほど わかる。

そして、ここ中心にたくさんの人がスマホ片手に座り、立ち止まり、そのへんうろうろしてみたり・・みたいな感じ。

この周辺はポケストップがたくさんあり、ルアーもほぼ常使われているようだ。

IMG_0047_R

しかし、レア出んな!

ポケモンGOの聖地だからといって、レアが常に出てます、ってことではないってわかるし、頻繁にポケモン出るんだけど、ある程度図鑑が埋まってるレベル帯のトレーナーは若干物足りなさを感じるかも。

今回レアかなーと思ったあたりは、ゼニガメ、キングラー、モンジャラくらいだったかな・・ 滞在時間が1時間程度だったこともあるので、粘ればもっとよかったかもしれない。

ポケストップが非常に多かったので、アイテムはがっつり補充。この後に名古屋市港区の稲永公園に行く予定で、アイテム不足にならずに済むように。

 

ちなみに、コスプレイヤーも多かったぞ!

IMG_1792_R

鶴舞公園はコスプレイヤーもけっこういて、野外のコスイベントがあったのか、ただ普通に背景がイイ感じだからロケ撮みたいなことやってたのか分からなかったんだけど、いろんなとこで見かける。

しかし、作品わからんな・・・。

そして、意外に違和感がないという。昔なんて外でコスプレやってればなんか変な目で見られるとかあったようだけど、ここではあまりそんな雰囲気が無い。というかほかの人はほぼポケモンGOをプレイしに来てるからいちいち気にしないのかも。

野外でコスプレで撮影ってのも楽しそうかも・・ってなんとなく思った。たぶん縁が無いだろうけど。

 

まとめ

鶴舞公園、時々ミニリュウやカビゴンの報告が上がっているみたいだけど、今回はとくにイイネ!というポケモンは得られず。公園内にあるジムも頻繁にバトルが行われていて、キープは難しそうだった。

名古屋は栄あたりはオムナイトが多いかも、という印象で、ポートメッセあたりはでんき系で、むしろそっちのほうが個人的には楽しいかもしれない。

ただ、アイテムとポケモン出現率が多いので、タマゴ使ってポッポなどを進化マラソンしながらレベル上げというのがいいのかも。





関連記事

  1. CanonのEOSシリーズなどがキャッシュバック中 5/7まで
  2. カラオケの採点基準が厳しくなった!JOYSOUND MAXの採点…
  3. ポケモンGO ついにメタモンが実装。強さや特徴は?
  4. どうぶつの森ポケットキャンプがリリース 通信エラー続出する!
  5. JOYSOUND MAX 分析採点マスターの5つの項目を分析して…
  6. EOS8000D レンズが破損?保護フィルターが身代わりになって…
  7. カメラのレンズフィルター、海外製で安価なんだが果たして性能はどう…
  8. こんな調子じゃカラオケなんてダメだ!と考える3つの項目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PICKUP

ポケモンGO 第2回コミュニティ・デイ 通信障害との対決、そして18時まで時間延長。

ポケモンGO 2月のコミュニティ・デイ2018年2月24日のおひる12時から、ポケモンGOのイベ…

  1. Softbank 3月のSUPER FRIDAYはサーティワン。3/3にはPINK DAYでピンクだといいことあるって話。
  2. おそ松さん×スイパラ第3弾 そしてスイパラ創業祭も兼ねて今お得だよ!

Twitter

EVENT

GOODS

HOBBY

LIFESTYLE

PHOTOGRAPH

TRAVEL

TREND

PAGE TOP