TREND

新生プリウスの脱エコカー TNGAってなんですかっ

プリウス、よく見かける

トヨタ自動車は新しい設計手法を採用した最初の車として新型プリウスを来月発売する。ハイブリッド車(HV)の先駆けとして18年前登場したプリウスだが、かつての先進性は薄れており、同社は新型車をエコカーとしてではなく、走りや感性に訴える車として一新したと自負する

そんなことより、初代プリウスが生まれたのが18年前だったのか!ということか。なんか6~7年前の感覚だった。

そして更にそんなことより、ハイブリッドをなんで「HV」って略すのか。HYBRIDだからHBじゃねー!って思うんだけど、これは「Hybrid Vehicle」の頭文字を取ってHVとなるらしい。これは実はみんな知ってそうで知らないんじゃないかな。と思うんだがどうだろうか?

今まで、HYBRIDじゃなくHYVRIDなんてよくわからん単語に勝手に変換されてしまってたかもしれない。

 

 

プリウスのイメージ

electric-car-734574_640_R

スタイルがカッコイイ、環境を考えている、みんな乗ってる・・とか様々なイメージが出てくる。

ネットで検索すると、なんだか流行に流されてるとか、没個性とか、どうせならPRIUSαだろうよとかそんな意見も。

そういえば、プリウスαも展示車見て、流線形でカッコイイかなぁ。とも思ったけど。乗ってみたら意外に視界が低く感じた覚えがある。普段乗ってる車がちょっと高めだということもあるんだろうけど。

そして、少し年齢層が高めのイメージも。若い人はアクアが多いと感じる。わからないけど。

 

 

新設計手法「TNGA」とは・・

「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」という手法を用いているらしい。名前がカッコイイ気がするが、どうやって読むんだろう?テ・・?なんか微妙な響きになるのでやめておこう。

ふつうに、ティーエヌジーエーでいいと思う!もうめんどくさいから!

新設計手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」では、複数の車種でプラットフォーム(車台)や部品を共通化し、設計から開発、生産、人員配置まで車づくりのプロセスすべてを刷新した。低重心化を図り、操縦安定性や乗り心地を向上させ、走る、曲がる、止まるといった車の基本性能を高めた。

プリウスに乗るユーザーは、このへんを重視するのかどうか。安全性はともかく、走りはあんまり考慮してなさそうなんだけども。

 

感想

プリウス、いい車だと思うんだけど、3代目>4代目のイメージチェンジがけっこう大きい気がする。

車体のイメージカラーもエコカー的な青ではなく、走りなどをイメージさせる赤色にしたとか。いけるのか!ある意味気になる。

 

関連記事:

ガソリン価格下落傾向 ハイブリッドにはまだ負けない!

 


関連記事

  1. 平成が終わるのか?天皇陛下の生前退位のご意向について
  2. マック「超グラコロ」これまでのグラコロとの違いはどうなのか?実際…
  3. スマホ振動を勘違いする幻想振動症候群、全然他人事じゃないし!
  4. 伊勢志摩サミット開催で警備半端ないとか言われてるけど、伊勢神宮お…
  5. アイドル死傷事件 握手会中止も相次ぐ A応Pの名前も何故か出てく…
  6. 老人ホームにパチンコ台贈呈、連日入居者が列
  7. ローソン 生チョコまんを12/1に販売!って今日じゃないか( ゚…
  8. コメダ珈琲店のモーニングに選択肢 小倉あんとかどうだろう?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PICKUP

CRおそ松さん~はじまりはじまり~の先行導入台を試してみた!

名古屋のDaiichi昭和橋通店 CRおそ松さん~はじまりはじまり~の先行導入を見てみたよ!Da…

  1. 仮想通貨NEM このまま下落を続けるのか。遂に10円を切り9円台に。
  2. 光岡自動車、デビルマンとコラボした「Devilman Orochi」を爆誕させる!

Twitter

EVENT

GOODS

HOBBY

LIFESTYLE

PHOTOGRAPH

TRAVEL

TREND

PAGE TOP